FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日の過ごし方

日曜日は決まってバラナシの町へ行くことにしている。
メールのチェックやブログの更新。
買い物をするために。

マザーベイビースクールのある場所から、リクシャを相乗りし3~40分揺られる。
初めて会ったインド人と体を寄せ合い、この小さなリクシャに、どうしてこんなに人が乗れるんだと思うほど詰め込みあう。
そんな窮屈なリクシャが好きだったりする。

やらなければならないことを早々に済ませると、
ガンガーの火葬場に足が向く。


死。
幾重にも薪が重ねられ、死体が焼かれる。
薪に入りきらなかった足がおもむろにでて、じわじわと焼かれていた。

焼けきった跡からは、炭と灰になった真っ黒な死体が見える。
それをガンガーに投げ捨てたかと思うと、次にまたどこからか新たな死体が持ってこられ焼かれる。

火をつける前の死体の前を5人の親族であろうと思われるインド人がつぶやきながら足早にぐるぐる薪の周りを歩き、
最後に何かを薪に向かい放り投げ、火を放った。

なにを言っているのかわからなかったが、そこには確かに祈りがあった。

人の焼ける匂いというのは、未知であり、しかし避けざる確かな死と同じように、
なにか甘美な匂いがする。

次々に焼かれていく死体をただただじっと見ていた。
死。
誰もが迎える死。

インド人は輪廻転生を信じてるが故、それを怖がっているようには見えなかった。
死というものは怖いものなのだろうか。
いつか必ず迎える死を怖いと思うのは不自然のような気がしてきた。

それよりも、1度きりの人生したいこともできず、やりたくもないことをやる人生を送ることのほうが、よっぽど怖い。
極端な話、自分のやりたいことをやり続け、いつ何時でも死んでもいいという生き方をしたいと思う。

まだ死ねないな。
オレは今回もらった命をまだ人の役に立たせていない。まだ十分に燃やせていない気がする。

時計を見ると、2時間がたっていた。
聖なるどぶ河ガンガー
生から死までを見つめることができるガンガー
こんな場所は他にはないように思う。


さて、明日からまた学校だ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

おちょうしもの!笑

火葬場はインパクトあるだろうね
聞いた話だと、すべての人がそこで火葬されるわけではないみたいだね
身寄りのない人とかは、駄目だとか...あるらしいね。

東京はすっかり寒いよ インドは暑いかな?
身体には気を付けて!!
それにしても子供の目が綺麗すぎる。

YUKI

かわいいでしょ 笑
こども達が本当にかわいいよ。日本と比べちゃうよな。


いくら

インドは寒いよ。。笑
そう、20歳以下、こども、妊婦で死んだ人は、布でくるんで流すんだ。死体が流れてるのは見たことないけど、牛や猿の死体は流れてる。
その横で、凧揚げするこどもや沐浴してる光景。
インドはすごいわ。
永遠に理解不能だよ 笑
プロフィール

dai

Author:dai
加藤 大輔
e-mail
d-nature@water.ocn.ne.jp
職業 トラベラー

【動機】
中学生の時、夢は世界一周と作文に書いた。けど、そんなことすぐ忘れる。
23歳の時、高橋歩さんの本に出逢い、世界一周ホントに行けるんだと知る。夢を想い出す。
サンクチュアリ出版の本をきっかけに読書の虫になる。
趣味はサンクチュアリ出版。
26歳お金が貯まる。結婚直前に彼女の浮気発覚。
旅に行かない理由がなくなる。笑
27歳出発

【SOUL】
はいさ~
5年間の教員生活に終止符を打ち、世界一周!
(2009年4月20日~)

世界中のキレイな景色
おいしい食べ物やお酒
海や川、空、大自然。
まだ見ぬ
たくさんの人との出逢いは
もちろん、
世界中の教育現場に足を運び、
どんなこども達が
どんな夢を持っているのか見てきます!

世界中の笑顔に出逢い、
夢を持つことの素晴らしさ
大人になることの楽しさを
伝えてこよっ。。♪

【現在地】
北海道 札幌市

※ブログで使用している写真は全て、daiの著作権があります。
無断での掲載、転載はやめようね~
使用したい写真があれば、メールください。
載せきれない写真はmixiフォトにアップしてます!画面右側から入ってください!(友人まで公開)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界一周ブログへようこそ!   ゆるり、ラフにどうぞ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。