FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育


オーストラリアの教育事情

アリススプリングス 小学校1校
ゴールドコースト 大学 1校

小学校訪問では、写真は断られた。
たぶん、英語も話せないし、汚いカッコしてったからだ。次の国でリベンジ!

・小学校は7年生まで。
・義務教育は17歳まで!学費は無料!!
・大学はほぼ公立で年間学費3万円!!
・大学への進学はポイント制で、テストやボランティアをしてポイントを稼ぎ進学

教育の水準はかなり高いように見えた。
また、福祉の水準も日本以上だと感じる。

・バーや公共交通機関、ほとんどの安宿でスロープが用意され、ハンディキャップを持っている方でも生活しやすくなっている。

・こどもも3、4人いる家族が多い!生活がしやすい。こどもを育てやすい国だということは一目瞭然だ。

教育、福祉の水準は日本よりも高いように見えた。
どこの国に行っても、こどもはかわいい。。♪

※人から聞いた情報。オレの英語力での理解なので、どこまで合ってるかはわかりません。
 たぶん、こんなこと言ってるだろうなって範囲での理解です。許してね 笑 

教育について感じたことのまとめ

なんかの本で読んだ。
「大人を尊敬していますか?」 
「はい」と答えたこども 

世界75%

日本23%


この数字に愕然とする。

日本のこどもが一番あこがれない職業
政治家

国を作る素晴らしい仕事のはず
なんか悪いことしてるイメージある。


最近のこどもは夢がない。
覇気がない。

って言う大人。
それは、こどものせいだろうか?

こどもを笑顔にするため
こどもに夢を与えるために

まず必要なこと

大人が笑顔で生きること。
夢を叶えること。

シンプルにそれだけに思う。

海外にでて、日本のために貢献したいという気持ちが日々強くなっている。
死ぬまで思いきり生きてやる!!



追加

オレが、オーストラリアで気になったことは2つ。

1.先住民アボリジニとの関係

アボリジニは政府から高額な援助金をもらって生活している。
もちろん仕事などしていない。おそらく学校にも行っていないだろう。

昼間から酒と大麻。それが夜まで続き、スーパーや道端で何か叫んでいた。
アボリジニが住む村 アリススプリングスでは、とても夜は歩けなかった。
場所によっては、アボリジニへの差別が深刻なところもあるようだ。

中には、あいさつをしてくれたり、いい人もいる。
写真を撮りたかったが、とてもカメラを向けられないような迫力がある。。

オーストラリアに来て、日本の一部地域ではまだ部落差別が濃厚に残っている地域があることを知り
北海道にもアイヌ民族という先住民がいるが、そのことについて全く知らない自分に気がついた。

外に出ることで、中で見えることが全く変わることを知る。
日本にいたときより、日本を知る機会が増えた。

2.肥満体質

オーストラリアの肥満はアメリカを抜き、世界一になった。
どこ歩いても山盛りのポテトとバーガー、コーラ。あれは太る。。
テレビでしか見たことないような肥満の人が、あちこちに。

食は大切だ。
オーストラリアの飯はホントにおいしくない。

しょうが焼きとなめこの味噌汁が飲みたい。
すこし痩せた。

公園や海岸にはバーベキューコンロが置いてあり、
小さな頃、よく家族でCampに行ったことを思い出す。散歩が気持ちのいい、さわやかな国。
またいつか来る。次は西海岸へ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

2ヶ国目おめでとうございます[e:420]

加藤先生ホント頑張ってますね
俺も子ども達に夢を与えられるよう先生を見習って実習頑張りたいと思います
それと写真楽しみに見させてもらってるのでこれからも撮り続けてください

「最近の子どもには、夢がない」って話
あたしも、友達とこの前はなしてたんだ

子どもに夢がないんじゃなくて
「ぼくは、野球選手になりたいんだ!」とかいっても
周りの大人が
「無理よ」っていったり、否定的な事をいうのって少なくないと思うんだ

子どもって、心の中にも、頭の中にも
イロイロ残ってるよね

あたしも、少なからず否定的なことは言われたけど
それを受け止めながらも、乗り越えて
頑張りたいな

だいさん、お疲れ様♪

yu-ma

今日これからな2カ国目 笑
ひげ伸びてきたし、パスポートと写真変わってるから、入国審査が心配だわ。

オレもがんばる!
お前もがんばれ!


YUKI

否定的。
心配のしすぎが多いのかな。

水たまりに入っちゃダメ!
っていう親より、

一緒にじゃぶじゃぶしちゃう親になりたいもんだ。。

海外来ると、日本のいいとこ、悪いとこそれぞれ見える。それがダメ!とかじゃなく、いろんな部分見れて興味深いよ。


dai

面白い!!

daiさんの日記はすっごく勉強になりますね。
面白いです!!!!
こんな社会科の先生が居ればもっと勉強したのにな~って思っちゃった。笑

アボリジニの存在気になりますね!
テレビで見たことあります。

daiさんの日記を読んでから調べてみたんですけど、アボリジニの居住区にお酒を持ち込みするのは法律で禁止されてるんですね。
きっとそれだけ問題になってるってことなんでしょうね。

私前に阿寒湖で働いてたことがあるんですけど、寮から歩いて直ぐのところにアイヌコタンがありました。
阿寒湖はアイヌを観光の一貫としてるので、差別をしてる人なんて居ませんでした。
実際みんなイイ人だし、アイヌの音楽も刺繍とかもすごく素敵ですよ★

だから私は何で差別を受けてるのかが理解出来なかったです。


あっ、日記のコメントなのに長くなっちゃいました。笑
ごめんなさい(^_^;)

kaori

興味深く読んでもらって、ありがとう!!

オレのは見て感じたこと、そのまんま。
だから、深くはわからんのが、問題ね。。

アボリジニ居住区酒禁止?!
エアーズロックを前に、ディナーシャンパン付ってツアーやってたぞ~!
法律違反じゃん!

阿寒湖か~
やばっ
温泉思い出したわ。

旅出てから、湯船つかってないわ。
あ~温泉 おんせん オンセン



プロフィール

dai

Author:dai
加藤 大輔
e-mail
d-nature@water.ocn.ne.jp
職業 トラベラー

【動機】
中学生の時、夢は世界一周と作文に書いた。けど、そんなことすぐ忘れる。
23歳の時、高橋歩さんの本に出逢い、世界一周ホントに行けるんだと知る。夢を想い出す。
サンクチュアリ出版の本をきっかけに読書の虫になる。
趣味はサンクチュアリ出版。
26歳お金が貯まる。結婚直前に彼女の浮気発覚。
旅に行かない理由がなくなる。笑
27歳出発

【SOUL】
はいさ~
5年間の教員生活に終止符を打ち、世界一周!
(2009年4月20日~)

世界中のキレイな景色
おいしい食べ物やお酒
海や川、空、大自然。
まだ見ぬ
たくさんの人との出逢いは
もちろん、
世界中の教育現場に足を運び、
どんなこども達が
どんな夢を持っているのか見てきます!

世界中の笑顔に出逢い、
夢を持つことの素晴らしさ
大人になることの楽しさを
伝えてこよっ。。♪

【現在地】
北海道 札幌市

※ブログで使用している写真は全て、daiの著作権があります。
無断での掲載、転載はやめようね~
使用したい写真があれば、メールください。
載せきれない写真はmixiフォトにアップしてます!画面右側から入ってください!(友人まで公開)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界一周ブログへようこそ!   ゆるり、ラフにどうぞ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。